長らく品切れになっていた紙版がオンデマンドで復活しました。

  

 

最新更新のお知らせ以外は更新記録ページに移動・保存しています。


ブログヘッドライン

最新更新2件の冒頭を表示しています。それ以前を含めたブログ本体はこちらからどうぞ

 

コナン・ドイルせんせバースデーと温故知新の日

あんまし似てないですが、ドイルせんせ、おめでとうございます♪ 晩年心霊主義者であったドイルせんせ。ご主張によれば「亡くなった」わけではないそうです。もしどこかで何かの形で「いらっしゃる」なら、今の衰えぬホームズ人気をどうご覧になっているでしょうねぇ……。
あんまし似てないですが、ドイルせんせ、おめでとうございます♪ 晩年心霊主義者であったドイルせんせ。ご主張によれば「亡くなった」わけではないそうです。もしどこかで何かの形で「いらっしゃる」なら、今の衰えぬホームズ人気をどうご覧になっているでしょうねぇ……。

今日5/22は、シャーロック・ホームズの作者アーサー・コナン・ドイルのお誕生日。ホームズのみならずご本人にも転んでしまったファンとしてはお祝いの日、そして二次を書かせていただいたりしてる身には、言葉で言い尽くせない感謝の日です。

 

…よく「翻訳は最高の熟読」と言います。好きな作品にどっぷりとまみれるために、一節を自分なりに訳してみることは私も好きで時々やります。すごく楽しくて、時間を忘れられます。(好きで個人的にするのですから、時間に迫られることもありませんし(笑))…並べたら怒られるかもしれませんが、ある意味二次創作も似たところがあると思います。角度は違うのですが、自分なりに「奏でる」楽しみ、という点は同じです。(著作権の概念が比較的近代のものであることや、シェイクスピア作品が元ネタを膨らませたものであることなどを思うと、けっこう「創作」そのものの根幹につながる行為なのかもしれません)

 

ファンフィクションという意味では、ドイル作品は著作権がすでに切れているのでいっそうおおらかに楽しめる、という側面もありますね。でも商業的な二次作品も古くから百花繚乱なので、そういうものを特に触発しやすい作品なんだと思います。人気作品がすべてそういう後継作品を生む方向にいく訳ではないので……。

 

こっちにいくと長くなりそうなので、お誕生日に話を戻します。(笑)

「ホームズの誕生日」……というのは原作には出てこないのですが、研究者さんが推測して広まった「誕生日」である1/6と比べると、盛り上がりが小さいですね。5/22……。ですがキャラクターが独り歩きして作者を超えるのは、ある意味たいへんな成功の証。ご本人はホームズものの需要に応えるために時間をとられて、本来書きたかったものを書けなかった……みたいなこともおっしゃっておられますが、やはりすばらしいことだと思います。

 

というわけで(?)、今日はいつも仕事しに行ってる喫茶店でケーキを奮発してお祝い。創元文庫版ドイル傑作集2の『北極星号の船長』をちょりっと再読しました。これに収録されている『いかにしてそれは起こったか』『深き淵より(デ・プロフンディス)』は特に好きなので時々読み返すのですが、今日お店で読んだのは『火遊び』。久しぶりでまったく内容を覚えていなかったのが幸いして(?)、新鮮に読みました。降霊会で起きた出来事をストレートに描いた一編で、荒唐無稽といえばそうなんですが、不思議な説得力があるんですよね……。

 

なんといったらいいんだろう、この妙な説得力というか引力と言うか……と思いつつぱらぱらめくっていたら、巻末に翻訳家の西崎憲さん(自分の好きな二作はいずれもこの方の翻訳です)が寄せている『ドイルと怪奇小説』というコラムのなかに、「まさに」という表現があったのでご紹介させていただきます。

続きを読む

癒される/『モーリス』4K版鑑賞してきました。

アレック・スカダー
今回のチラシをゲットし損ねたので、代わりに過去絵を掘り出して少し手を加えてみました。(今ならこうは描かないかもしれないな、とは思いますが……(笑))アレック・スカダーを演じたというだけでもう、ルパート・グレイヴスは永遠です。(断言)

今回の上映について

4K版『モーリス』劇場公開、うちから唯一行けそうな恵比寿の最終週になってしまいましたが、滑り込みで鑑賞して参りました! ほんとに行って良かった……大げさに聞こえるかもしれませんが、生き返りました。ほんとに。こんな映画を作ってくれてありがとう……!そう改めて思いました!

 

やはり好きなのでDVDではしばしば見返していますが、今回は4Kだからというより「劇場で見る」というのがやはり特別でした。……真っ暗な空間で集中して大きなスクリーンで見ることが。そして暗い中でちょっと恥ずかしく思いながら涙を拭いたときに、隣の知らない人も目にハンカチを当てる仕草をしているのがそれとなく目の端でわかったことが――今回の鑑賞をとても素晴らしいものにしてくれました。

 

この作品、見返すたびに違うところに目がいったりもする作品です。今回すごく感じたのは(ちょっとこういうことを書くのは恥ずかしいのですが)、美と品のよさは人を癒やすのだなあ……ということでした。美しく品があり、かつこういうテーマで良質の作品にどっぷりと浸る時間の、なんと贅沢なことか。

 

(品という言葉は使うのが難しいのですが、キャラクターが上流階級かどうかとか、肉体的な露出度とは関係なく、という意味で。上流階級を描いても「安い」作品はたくさんありますよね)

 

それだけ落ち着かない日常を過ごしているのだなーと自覚したわけですが(^^;)、そういう生活のなかでこそ、こういう時間は絶対に必要なものだとつくづく感じました。心のゴハンなのですよね。

  

以下は作品そのものについて、以前薄い本にルパート・グレイヴスがらみで書いた紹介レビュー(定番作品なので紹介というよりおさらい、という感じで書きました)に、今回感じたことを交えて掲載します。ちょっと文章のノリが変わりますがお許しくださいませ。また、おさらいと言う性質上、ラストについても方向性にぼんやりと言及しているので、未見の方はどうぞご判断くださいませ。

 

 『モーリス』(1987)――作品について

続きを読む

kindle無料アプリもぜひご利用ください