追憶のシャーロック・ホームズ―ワトスン博士最後の告白―

(お試し読み→ページ下部にリンクがございます)

¥ 480

文庫換算156ページ
(38字×18行) 

【十九世紀ロンドン・《耽美系》探偵(贋作)小説】(R15) 

古風なJUNEの香りがする探偵小説です。 

原作シャーロック・ホームズを未読の方にもお楽しみいただけます。 

 

“「シャーロック・ホームズの墓はどこにあるのか?」 

私は何度聞かれたことだろう。 それはけっして見つからない所、とだけ申しあげておこう……” 

 

自らの死を予期したワトスン博士が明かす、名探偵ホームズ若き日の危険な冒険。秘められた友情の物語。 

  

◆ホームズ二十九歳、相棒の医師ワトスン三十一歳のある日、 競売社の倉庫からメサイアの瞳と呼ばれる宝石が消えた。 奇妙なことに、現場には盗まれた宝石よりも高い値のつく絵画が置かれていた。 

シャーロック・ホームズは捜査のため、陰で男色家と噂される貴族に近づく。 ワトスンはその捜査に異様な不安を覚え、それは自らへの不安につながる。 事件はゆくゆくホームズと呪われた絆で結ばれる、ある人物にもつながっていた…。

  

[目次]

 

 ―カタラス詩集より― 

資料画像『聖イレーネの介抱を受ける聖セバスチャン』 

ジョン・H・ワトスンによるまえがき 

Ⅰ ハイアムズ卿 

Ⅱ ことのおこり 

Ⅲ 聖イレーネ 

Ⅳ 真相 

Ⅴ 競売屋と贋作画家 

Ⅵ 青柳館 

Ⅶ それから 

結び 

イラスト 

作者あとがき 

  

(2004年に同人誌として出版しご好評をいただきました、『シャーロック・ホームズの違法な冒険』改題・改訂版です) 

分冊版も配信中です。




Amazonでダウンロード

(kindle無料アプリあり。スマホ、タブレット、PC等でもお読みいただけます)


ご感想をお待ちしております。

ご感想送信フォームへ